福生市予防接種情報提供サービス

B型肝炎

【病気の概要】B型肝炎
 B型肝炎は、B型肝炎ウイルスの感染により起こる肝臓の病気です。
 B型肝炎ウイルスへの感染は、一過性の感染で終わる場合と、そのまま感染している状態が続いてしまう場合(この状態をキャリアといいます)があります。キャリアになると慢性肝炎になることがあり、そのうち一部の人では肝硬変や肝がんなど命に関わる病気を引き起こすこともあります。
 ワクチンを接種することで、体の中にB型肝炎ウイルスへの抵抗力(免疫)ができます。免疫ができることで、一過性の肝炎を予防できるだけでなく、キャリアになることを予防でき、周囲の人への感染も防ぐことができます。
※予防接種を受けても、お子さんの体質や体調によって免疫ができないことがあります。


【対象者】平成28年4月1日以後に生まれ、生後1歳に至るまでの方

※①過去に御自身でB型肝炎の予防接種を受けている場合は、その回数分を差し引いた回数を公費で接種いただけます。
※②母子感染予防として健康保険を適用して出産直後にB型肝炎ワクチンを接種されている方は、定期接種の対象から除かれます。

【接種回数】全3回
     (初回接種2回、追加接種1回)
 生後2か月から9か月までの期間を標準的な接種期間とし、27日以上の間隔をおいて2回接種した後、第1回目の接種から139日以上の間隔をおいて1回接種します。

≪戻る