福生市予防接種情報提供サービス

予防接種を受けることができない場合

○予防接種を受けることができない場合
①明らかに発熱(通常37.5℃をいいます。)をしているお子さん
②重篤な急性疾患にかかっていることが明らかなお子さん
 急性で重症な病気で薬を飲む必要のあるお子さんは、その後の病気の変化も分からないことから、その日は接種を受けないのが原則です。
③予防接種の接種液に含まれる成分でアナフィラキシーを起こしたことがあることが明らかなお子さん。
 「アナフィラキシー」とは通常接種後約30分以内に起こるひどいアレルギー反応のことです。汗がたくさん出る、顔が急にはれる、全身にひどいじんましんが出るほか、はきけ、嘔吐、声が出にくい、息が苦しいなどの症状に続きショック状態になるような、はげしい全身反応のことです。
④麻しん(はしか)、風しんの予防接種の対象者で妊娠していることが明らかな人
※お子さんには直接関係ない規則ですが、任意で受ける人のことを考慮したものです。
⑤BCG接種の場合においては、外傷などによるケロイドが見られるお子さん。
⑥その他、医師が不適当な状態と判断した場合

≪戻る