福生市予防接種情報提供サービス

水痘(みずぼうそう)

【病気の概要】水痘(みずぼうそう)
 水痘は「みずぼうそう」ともいわれ、水痘-帯状疱疹ウイルスの発感染によって引き起こされる感染症です。感染力の強い病気で5歳までに約80%の子どもがかかると言われています。健康な小児の場合は、一般に軽症で済みますが、なかには長期化・重症化し、入院が必要となったり、死亡することもあります。
 主な症状は、発疹、発熱です。発熱の程度は通常38℃前後の発熱が2~3日続きますが、40℃を超えることもあり、その際には熱性けいれんを合併することがあります。


【対象年齢】生後12月~36月未満
 標準的接種期間としては、生後12月から15月の間に初回接種を行い、その後6~12か月をあけて追加接種を行うこととされています。

【接種回数】全2回
     (初回接種1回、追加接種1回)
 初回接種終了後、3か月以上(標準的には6~12か月)あけて追加接種を行います。
≪戻る