福生市予防接種情報提供サービス

四種混合(ジフテリア・破傷風・百日せき・ポリオ)

【病気の概要】
①百日せき
 百日せきは、普通の風邪のような症状ではじまり、続いてせきがひどくなり、顔を真っ赤にして連続的にせきこむようになります。せきのあと急に息を吸い込むので、笛を吹くような音が出ます。乳幼児はせきで呼吸ができず、くちびるが青くなったり、けいれんが起こることがあり、肺炎や脳症などの重い合併症を引き起こすこともあります。
②ジフテリア
 感染は主にのどで、鼻にも感染します。症状は高熱、のどの痛み、犬吠様のせき、嘔吐などで、偽膜と呼ばれる膜ができて窒息死することもあります。発病2~3週間後には菌の出す毒素によって心筋障害や神経麻痺をおこすことがあるため注意が必要です。
 ジフテリアは感染しても10%程度の人に症状が出るだけですが、残りの人は発症が出ない保菌者となるため、その人を通じて発症することもあります。
③破傷風
 破傷風菌は人から人へ感染するのではなく、土の中にいる菌が傷口から人の体の中に入ることによって感染します。菌が体の中で増えると、最初は口が開かなくなるなどの症状が出て、やがて全身のけいれんを起こすようになり、治療が遅れると死に至ることもある病気です。
 破傷風は、自然免疫や病後に免疫を獲得することができないため、免疫を獲得するには予防接種をする必要があります。
④ポリオ(急性灰白髄炎)
 ポリオは「小児マヒ」と呼ばれ、ポリオウイルスに感染すると100人中5~10人は、風邪のような症状を呈し、発熱、頭痛、嘔吐が見られます。また感染者の1,000人~2,000人に一人の割合でマヒを起こすことがあります。一部の人にはマヒが永久に残り、症状が進行すると呼吸困難により死亡することあります。
 現在は、予防接種の効果で、国内での自然感染は報告されておりませんが、現在もポリオが流行している国があり、その地域からの渡航者や、その地域へ行くことで感染する可能性があります。ポリオは人から人へ感染するため注意が必要です。


【対象年齢】生後3月~7歳6月未満
 標準的接種期間としては、生後3月から1歳の間に初回接種3回を済ませ、初回接種終了後から1年~1年6か月の間隔をあけて追加接種を行うものとされております。

【接種回数】全4回
     (初回接種3回、追加接種1回)
 初回接種:20日以上(標準的には20日~56日)の間隔をあけて、3回接種
 追加接種:初回接種終了後6か月以上(標準的には12か月~18か月)の間隔をあけて、1回接種
≪戻る