福生市予防接種情報提供サービス

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)

【病気の概要】ヒトパピローマウイルス感染症
 ヒトパピローマウイルスは、人にとって特別なウイルスではなく、多くの人が感染しそしてその一部が発症します。100種類以上の型があり、そのうち16型と18型が子宮頸がんと関連が高く、子宮頸がんの約50~70%はこの16型と18型の感染が原因とされています。ウイルスに感染しても、多くの場合は自然に排除されますが、一部が数年~十数年かけて前がん病変の状態を経て子宮頸がんを発症します。


【対象年齢】小学6年生~高校1年生相当の女子
 標準的接種期間は、中学校1年生の時期とされています。

【接種回数】全3回
※子宮頸がん予防ワクチンは、2種類あり、それぞれ接種間隔が異なりますのでご注意ください。

◆サーバリックスの場合
 1か月以上の間隔をあけて2回接種。1回目の接種から5か月以上、かつ2回目の接種から2か月半以上の間隔をあけて3回目を接種

◆ガーダシルの場合
 1か月以上の間隔をあけて2回接種。2回目の接種から3か月以上あけて3回目を接種。


【重要】子宮頸がん予防ワクチンの接種について
 現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種は積極的にはお勧めしておりません。
 接種にあたっては、有効性とリスクを理解した上で受けて下さい。

 平成25年6月14日、第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会において、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛みがワクチン接種後に見られたことから、適切な情報提供ができるまでの間、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的には勧めない旨の勧告が厚生労働省からありました。
 接種自体は引き続き受ける事が可能ですが、接種にあたっては、有効性と副反応によるリスクを十分に理解した上で受けるようにしてください。
 福生市のホームページに厚生労働省からのリーフレットを掲載してありますのでそちらもご確認ください。
 福生市ホームページ子宮頸がん予防ワクチンの接種について
≪戻る