福生市予防接種情報提供サービス

B型肝炎が10月から定期化されます

本文 10月1日からB型肝炎ワクチンが定期予防接種になる予定です。
対象者は下記の通りです。

【対象】
平成28年4月1日以後に生まれ、生後1歳に至るまでの方

【接種回数】
全3回

【接種間隔】
生後2か月から9か月までの期間を標準的な接種期間とし、27日以上の間隔をおいて2回接種した後、第1回目の接種から139日以上の間隔をおいて1回接種します。

※①過去に御自身でB型肝炎の予防接種を受けている場合は、その回数分を差し引いた回数を公費で接種いただけます。
※②母子感染予防として健康保険を適用して出産直後にB型肝炎ワクチンを接種されている方は、定期接種の対象から除かれます。
≪戻る